腰曲がり(後湾症)の手術例

70歳代 女性 後側弯症

手術前の外観とレントゲン像で変形が著明です。手術後の外観では正常な容姿となり、腰痛と歩行障害もなくなって、快適に生活されています。

腰曲がり手術前のレントゲン
手術前のレントゲン
手術前
手術前
手術後
手術後

60歳代 女性 後側弯症

加齢により背中の筋力が弱くなって腰曲がりが発病しました。そのため、腰痛とバランス不良を引き起こし、歩行ができませんでした。手術により症状は完全になくなり、非常に喜ばれました。

手術前
手術前
手術後
手術後

60歳代 女性 後弯症とパーキンソン病

腰痛、歩行障害、腹部圧迫感、前方が見にくい、容姿が余りにも老けているなどの症状があり、当webサイトをご覧になられ、北陸から東京の苑田第三病院までまでわざわざご相談に来られました。パーキンソン病の治療を継続しながら脊柱矯正術を行い、手術後、後弯は完全に矯正されて正常の容姿となり、腰痛と歩行障害も軽快し、手術に満足されて3週間後に退院されました。

手術前
手術前
手術後
手術後

70歳代 男性 後弯症

歩行障害(歩行開始数分で発症)と腹部圧迫感があり、矯正手術を行いました。老けて見えていた容姿も若く見えるようになり、非常にご満足いただけました。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)
手術前(正面)
手術前(正面)
手術後(正面)
手術後(正面)

70歳代 女性 後側弯症

腰痛と歩行障害、さらに腹部圧迫感が強いため来院。手術で治癒し、腰痛と歩行障害も軽快し、大変喜ばれました。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)
手術前(正面)
手術前(正面)
手術後(正面)
手術後(正面)

70歳代 女性 後弯症

歩行障害、容姿不良、腹部圧迫感のため来院。 手術の結果に大変ご満足いただけました。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)

85歳 女性 後弯症

腰痛とバランス不良のため歩行ができなく、容姿が不良のため85才の高齢ですが手術を強く希望されました。高齢のため、できるだけ体に負担のない低侵襲の手術を行いました。手術により症状は著明に改善し、大変満足されています。

手術前
手術前
手術後
手術後

60歳代 女性 首下がりと後弯症

10年前から少しずつ腰曲がりが発症してきて、10分間の歩行で腰痛が出てきて歩けなくなるほどでした。また腹部の圧迫で食事がうまくできない、年齢より老けて見えるなどなどで当院を受診されました。手術前、腰は90°まで曲がり、顔はお腹の方まで下がっています。 腰曲がりが強いので2期的に手術を行い、背骨の形は正常となり、歩行は正常となり、お腹の圧迫感もなくなり、快適な生活ができるようになりました。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)

60代後半 女性 後弯症とパーキンソン病

数年来の腰痛により、歩行が10分間しかできないことや腹部の圧迫のため食事がうまくできなくなっていました。また、余りにも腰曲がりが強くて外出が嫌になるなどで、治療のため当院を受診して手術を受けました。結果は写真のように正常な形の背骨となり、生活が一変したとのことです。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)
手術前(正面)
手術前(正面)
手術後(正面)
手術後(正面)

70代 女性 変性後弯症とパーキンソン病

10年前から腰曲がりが発症し、最近では歩行がうまくできなくなり、お腹の圧迫のため逆流性食道炎の症状強くなり、生活に障害が出るようになりました。手術前の写真では腰が90°位まで曲がっています。手術は身体への負担を考え、2回に分けて行いました。手術後は腰はまっすぐになり、腰痛もなく、歩行や逆流性食道炎も良くなり、快適な生活ができるようになっています。

手術前(側面)
手術前(側面)
手術後(側面)
手術後(側面)
手術前(正面)
手術前(正面)
手術後(正面)
手術後(正面)
  • ホーム
  • 腰曲がり(後湾症)の手術例