腰曲がりは病気です

1. 背骨の形状と役割

背骨は正確には「脊柱」と呼ばれ、1本の骨のように見えますが、「椎骨」と呼ばれる24個もの骨が縦に重なってできています。上から首の部分が「頚椎」、胸の部分が「胸椎」、腰のエリアの「腰椎」、そして一番下の骨盤にあるのが「仙骨」と言い、総称して「背骨(脊柱)」と言います。

椎骨と椎骨の間には「椎間板」というクッションの役割を果たす円盤状で繊維輪というリングの中にあるゼリー状物質とが衝撃を吸収して、しなやかな動きを可能にする役割を担っています。

また、背骨の役割は体を動かすだけでなく、体を支える大黒柱でもあり、また重要な神経を包み込むように保護しています。これら3つの作用で、人は立ったり、座ったり、運動したりをすることができるのです。

  • ホーム
  • 腰曲がりは病気です:1. 背骨の形状と役割